【イベントレポート】フレイグラントオリーブナナ(サ高住)におけるピアノコンサートが開催されました

今回は神奈川ロイヤル様のご協力により、サービス付き高齢者向け住宅のフレイグラントオリーブナナ様における音楽イベントの出演者の募集を行いました。

この結果、大和 姫呂未 (やまと ひろみ)BigDipperSingers (ビッグ・ディッパー・シンガーズ)(以下、BDS)の2組の出演が決定し、2019年4月18日にこの第2回目の音楽イベントが大和 姫呂未の出演により開催されました。


フレイグラントオリーブナナ様の第2回目はシンガーソングライター大和姫呂未さんによるピアノ弾き語りコンサートです。

今回はサービス付き高齢者向け住宅に併設されているコミュニティホーム ピノの食堂での開催となりました。

ちょうど桜の季節は終わってしまった後でしたが、春真っ盛りの緑に溢れた広い庭に面した明るく開放的な空間です。

今回もスタッフの方の作成による、コンサートの告知用の素敵なポスターが玄関ホールに掲示されていました。


最初に司会のフレイグラントオリーブナナの北村様より、大和さんが紹介されました。


今回はピアノ弾き語りを中心としながら、既設のカラオケセットも活用した楽曲も織り交ぜ、バラエティに富んだ楽曲を大和さん自らセレクトされました。

最初の曲はカラオケを使用し、「南国土佐を後にして」です。

2曲目はピアノ弾き語りによる「翼をください」です。

大和さんの伸びやかな歌声が会場に響き渡ります。

今回はほぼ全演奏曲の歌詞が配布され、参加された皆さまもそれぞれに口ずさみながら聴いていらっしゃいました。

この後に懐かしい歌謡曲やフォークソングを歌われ、さらにはオリジナル曲である「今宵、無常」「虹」も披露されました。

情感溢れるオリジナル曲にも、皆さん真剣に耳を傾けられていました。


後半は、皆さんご存知の童謡「赤とんぼ」やポピュラーソングを中心にまとめられました。

アンコールの手拍子も沸き起こり、「ふるさと」を皆さんと一緒に歌いながら楽しい時間を共有することが出来ました。

今回も参加者の方から、「久しぶりに若い子の歌を聞いたけどすごく上手かった」「一緒に歌えて楽しかった」といったご感想をいただきました。

また、館内新聞でもコンサートの様子を掲載していただきましたので転載させていただきます。

S&L事務局といたしましては、当然ながらライブハウスやコンサート会場のような音楽を専用で演奏する施設ではない場所ですので、準備、調整の難しさを感じた反面、参加された皆様が生で演奏や歌を体感して、にこやかに楽しんでいらっしゃるところを拝見し、とても嬉しく感じました。

今後もこのような機会をたくさん作れるように微力ながらサポートしていけるように取り組んで参りたいと思います。