【イベントレポート】フレイグラントオリーブナナ(サ高住)における音楽イベント"MUSIC TIME"が開催されました

今回は神奈川ロイヤル様のご協力により、サービス付き高齢者向け住宅のフレイグラントオリーブナナ様における音楽イベントの出演者の募集を行いました。

この結果、大和 姫呂未 (やまと ひろみ)BigDipperSingers (ビッグ・ディッパー・シンガーズ)(以下、BDS)の2組の出演が決定し、2019年3月17日にこの第1回目の音楽イベント"MUSIC TIME"がBDSの出演により開催されました。


フレイグラントオリーブナナは、神奈川県相模原市にある全32戸からなるサービス付き高齢者向け住宅です。

今回はこちらの食堂で"MUSIC TIME"が開催されました。

スタッフの方の作成による事前告知用の素敵なポスターが玄関ホールの掲示板に貼られていました。

最初にフレイグラントオリーブナナの北村様より、出演のBDSをご紹介いただき、"MUSIC TIME"がスタートしました。

先ずはBDSの自己紹介です。

向かって左から、メンバーの本間さん(Vo.,G.)、松田さん(Vo.,G.)、進藤さん(B.)です。


今回は聴きに来られる方が比較的ご高齢であることから、懐かしの歌謡曲やフォークソングを中心に演奏曲をセレクトされ、1曲目の「もしもピアノが弾けたなら」で口火が切られました。

アコースティックギターの美しい響きと2人のボーカルの織り成す美しいハーモニーにすぐに魅了された方も多かったのではないでしょうか。

幾つかの曲は歌詞が配られ、聴きに来られた多くの方が演奏に合わせて一緒に歌われていました。

また、後半は歌詞の配られていない曲であっても、本間さんが歌詞をガイドしながら歌ったため、一緒に口ずさむ方も多くいらっしゃいました。

アンコールも入れて全12曲、約1時間にわたる"MUSIC TIME"を入居者の皆様と楽しく共有することができたことと思います。

終了後、何人かの方にご感想をお聞きしたところ、「演奏がとても良かった。」「子育てをしていた頃の曲が聴けて、思い出して懐かしかった。」「イベントは楽しみだし、良い音楽を生で聞けるのはうれしい。」等、ご好評のお声をお聞きすることができました。

S&Lでは今後もこのような高齢者住宅施設における音楽イベントのマッチングを積極的に行ってまいりたいと考えております。