吉祥寺音楽祭『吉音コンテスト』の決勝大会に伺いました。

5月5日に開催された第32回吉祥寺音楽祭「第16回 吉音コンテスト 決勝大会」に、 吉音の実行委員であり、S&Lミュージックのエグゼクティブアドバイザーに就任いただいている堀内正嗣さん(武蔵野市議会議員)のご案内により、お伺いしてきました。

まずは、会場の吉祥寺シアター前にて、堀内さんとご一緒にパチリ。
堀内さんには、運営でお忙しい中、終日ご配慮いただきました。それにしても素晴らしい笑顔です!

さて、決勝大会本番。10組のアーティストが、様々なジャンルの楽曲を8名の審査員の前で、持ち時間10分で2曲演奏し、グランプリの座を懸けて競い合います。

各出演者の演奏終了後に審査員の講評があり、緊張感もありますが、出演者の皆さんがこの貴重な機会を楽しんで演奏されている様子がひしひしと伝わりました。

果たして栄冠は誰の手に。。

と、その前に、昨年のグランプリ"bwpとファンキーヘッドライツ"さん。貫禄を感じさせるステージでした。

それでは、いよいよ今年の三賞。まずは、オーディエンス賞"Petty Blossom"さん。

そして、準グランプリ"ねこカフェ"さん。ギターとフルートの兄妹デュオです。

パンパカパーン♪注目のグランプリは!

弾き語りデュオの"ますかけ"さんでした。

私"おりごん"としては、弾き語りソロで堂々たる演奏を披露してくれた"ヨシダヒロキ"さんに大注目!
終演後お話を聞くと、やはり既にJASRAC登録楽曲をお持ちとのこと。早速、S&Lに登録していただきました!

とにかく、いずれ劣らぬ素晴らしいアーティストばかりで、出演者全員に賞を差し上げたいぐらいでした。と言っても、私は運営スタッフでも、ましてや審査員でもないので、そんな権限は全くありませんが。。(笑)

イベント終了後には、実行委員会の皆様にお誘いいただき、打ち上げにまで、ずうずうしくも参加させていただきました。

堀内正嗣さんはじめ実行委員会の皆様、会場運営を担われた皆様、出演者の皆様など、多くの方々とお話しする貴重なご縁をいただき、S&Lの今後の運営強化に向けて多くの示唆、糸口を頂戴しました。
本当にありがとうございました!


S&Lミュージック代表・チーフディレクター

"おりごん"こと折田信生



追伸

S&Lミュージックのロゴを掲載していただいた「吉音スーパーステージ」のパンフもゲットしました!