S&Lアーティスト登録募集(随時)

 


〇 S&Lミュージックは、いわゆるメジャーレーベルでもなければ、インディーズレーベルでもありません。登録アーティストが、我が国ポピュラー音楽界の創生を担う一員として"思い"を共有しつつも必要以上に拘束されることなく、各々のスタイルで自由により望ましい音楽活動を志向できる、今までにない全く新しいタイプの、頑張るアーティストみんなの、みんなによる、みんなのための"コモンレーベル"です。

〇 また、“S&Lミュージック(s.l-music)”は、S&L市場(※)に応える、ジャンル横断的なアーティスト集団及び作品群を呼称、総称し、それらが創生するイメージ総体を表現する“ブランド"でもあります。

※ S&L市場:Salaryman,Student,Silver&Localを主な需要層とするポピュラー音楽市場の意で、当レーベル名誉顧問・元企画立案スーパーバイザーきいちろ考案による造語。

〇 レーベルの趣旨に賛同し、一定要件を満たすアーティストは、フリーに登録し、フリーに脱会することができます。登録料などは一切不要です。

〇 当面、公的主体等(学校・教育施設、児童福祉・子育て支援施設、老人福祉・医療施設、コミュニティ施設、地方公共団体・地域団体等)が催す音楽イベントへの出演のあっせんを無料で行います。

〇 また、社会の最小単位ともなるご成婚カップルの門出を祝し、その将来にわたるご活躍を祈念するため、ご結婚披露宴等へのアーティスト招致に対し、出演のあっせんを無料で行います。(2016年11月3日“文化の日”から開始)

〇 このような公的主体等やご成婚カップルの期待に応え、S&Lミュージックのブランドイメージにかなう、品格ある真摯なアーティストを求めています。

〇 登録アーティストのより良好な活動支援のため、趣旨に賛同してご協力いただける音楽出版社や音楽制作会社などを募り、適切な連携体制を構築することにより、登録アーティストの著作権等の保護とともに作品の普及を図ります。

〇 将来的には、レーベルの一般社団法人化を目指します。

〇 その他、我が国におけるポピュラー音楽の振興のため、幅広い階層における音楽需要の開拓を図り、それらに応える良質な音楽をリーズナブルなコストで提供できる実力派アーティストの育成を図ります。

以上の趣旨に賛同し、登録するアーティストを募集します。


1 S&Lアーティストの登録要件

(1) 自ら(ユニットの場合は主要メンバー)がJASRAC等音楽著作権管理団体等登録楽曲の著作者又はアーティストとなっていること。

・JASRAC - 作品データベース検索サービス

・NexTone(ネクストーン) - 作品検索

(2) インディーズアーティストでダイキサウンド(株)に登録されていること。

・ダイキサウンド - アーティスト情報

(3) インディーズレーベルなどの専属アーティストとしてJASRAC等音楽著作権管理団体等登録楽曲の著作者による作品を持ち歌として歌唱していること。

(4) オヤジバンド等で、一定規模以上のコンテスト等において受賞経験を有するとともに演奏音源がS&Lミュージックスタッフが認める水準に達していること。

(5) その他上記と同等の水準にあるとS&Lミュージックスタッフが認める場合。

     この第5号要件には、現在、以下の細分類を設けています。(オヤジバンド系を除く。)

-(SLG) S&Lミュージックと連携した地域イベントでのコンテスト(S&L The Gate)等において優秀な成績を収めたもの 

-(SLmp) S&Lミュージックの協力連携事業者である音楽出版社(mp)が一定の実力があると認めたもの

-(yng) 概ね満30歳未満で上記第1号から第3号要件への該当をめざしプロ又はそれに準ずる活動を行っているもの

-(inst) 主に歌詞の無い楽器のみによる演奏でプロ又はそれに準ずる活動を行っているもの

-(trad) 主にオールディーズ、クラシック・ロック、ジャズ、カントリーウェスタン、民族音楽等のトラディショナルな分野で継続反復的にステージ活動を行っているもの

 

※ 第5号要件該当は、その旨及び細分類をアーティスト紹介ページに明示します。また、登録にあたり事前に最低1回はライブ演奏を直接拝見します。(オヤジバンド系を除く。)


2 応募方法

アーティスト名、氏名(ユニットの場合は代表者。以下同じ。)、メールアドレス、携帯メールアドレス、携帯電話番号、住所、性別、生年月日、職業、希望カテゴリー(※)、上記1の登録要件に該当することの説明及び根拠、音楽活動履歴、応募の動機、写真、ホームページを有する場合はそのURLをメールにてお送り下さい。(なお、この登録は、いわゆる専属契約等ではなく、S&Lミュージックとの関係において何ら音楽活動を拘束されるような義務等が発生するものではありません。したがって、レーベルやプロダクション等に所属されている方も当該事務所等の了承のもと応募できます。その場合、各種手続きの窓口、登録していただく連絡先等は、当該事務所等の担当者の方でも構いません。)


※ 希望カテゴリーは、現在対象としている次の6分類から選択してください。: a)ピアノ弾き語り系、b)ギター弾き語り系、c)アンプラグド系その他、d)歌手・ボーカル系、e)ポップバンド系、f)オヤジバンド系

         

送付先メールアドレス:s.l-music@jcom.zaq.ne.jp


3 審査方法

書類審査→事務局からのヒアリング審査及び演奏音源の審査


4 注意事項等

  • JASRAC等への登録は、著作者名、アーティスト名、作品タイトル、作品コードなど、容易に確認可能な根拠(多数ある場合は主な根拠)を具体的に示してください。
  • 「a)ピアノ弾き語り系」及び「b)ギター弾き語り系」は、主に自作曲を歌唱するもの(いわゆるシンガーソングライターに類するもの)のカテゴリーです。
  • 「c)アンプラグド系その他」は、電源を最低限又は控えめに利用するもの、音量を抑えたミニドラムやパーカッションを用いるもの、オールディーズ、クラシック・ロック、ジャズ、カントリーウェスタン、民族音楽等のトラディショナルなものなどを含みます。
  • 「d)歌手・ボーカル系」は、主にDTM・カラオケ音源による歌唱又はサポートミュージシャンや主催者が用意するバック演奏による歌唱を想定し、自作曲以外のみの弾き語りを含みます。
  • 「e)ポップバンド系」は、バンド形式ユニットのうち大音量・爆音系を除くものを対象とします。
  • 「f)オヤジバンド系」は、アマチュア限定とし、メンバーの平均年齢が概ね40歳以上とします。また、必ずしもバンド形式である必要はなく、ソロや少人数のユニットも含みます。
  • なお、大音量・爆音系のバンド形式ユニットは、「f)オヤジバンド系」を除き、原則として受け付けませんのでご留意ください。

【お問合せ先】 メール: s.l-music@jcom.zaq.ne.jp     電話: 03-6356-1159



※ S&Lアーティストは、こちら↓ で閲覧できます。